上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.26 お葬式の費用
若い時はお葬式は他人事ですが、さすがに40歳を超えてくると自身の親がいつ何時葬儀を依頼しなくてはいけなくなるか考える時があります。

自分の親の葬儀でない限り、葬式にはまったく無頓着でいられるのですが、いざ自分の親が・・となった時は、一体どうしたら良いのか迷ってしまいますよね。

僕も昨年実父の葬式があり、それまでは全く葬儀の段取りや費用のことは簡単に考えていました。
ところが、この葬儀のオーダーの仕方によってかなり費用が違ってくることを知ったのです。

というのは、基本的に会館を保有する葬儀社の価格と、葬儀のソフト面だけをサポートする葬儀社との価格は倍ほど違うことを知ったわけです。ソフト面だけをサポートする葬儀社といっても、通夜・葬儀を執り行う式場は提携する式場や寺院がありますから、なんら不足はありませんし、葬儀や出棺、火葬、厄落としが終わるまできちんとフオローしてくれるので心配いりません。

僕が取った見積もりでは、参列者80人程度の家族葬で大手は250万円(お坊さんの費用は別)ぐらいでしたが、ソフト面の葬儀者は120万円でした。それに後者は戒名やお坊さんの費用まで入ってですからね。
安いから会場が貧相だとか狭苦しいということはなく、同等の仕様でできました。それと大手葬儀社のように同時に2つの葬儀をするということもないので、落ち着いてできます。

急に葬儀の段取りが必要になった時に、「ぼったくられる」んじゃないかと思った方も多いと思います。確かに、急きょ頼むと費用はかさみます。何社かから見積もりを取ってる暇がないのでつい高くても依頼してしまうことになりますからね。

不謹慎かもしれませんが、もし死期が近いと解った時は事前に葬儀社に相談し、いつでも対応してもらえるよう準備しておくことも大事です。
スポンサーサイト
草薙君が公然わいせつで警察のお世話になってしまいましたが、マスコミも含め騒ぎすぎじゃないですか?
草薙君も長年アイドルをしてきていろんなストレスもあるんでしょうから、一人の人間として酒を飲んで羽目を外すことぐらい、大目に見てあげて良いんじゃないのかな。
深夜の公園で真っ裸になってわめいてるのは気持ちが悪いもんですが、逮捕されるほどのもんなのかと甚だ疑問です。公人だからどうのこうのではなく、やっぱり1人の個人として考えてあげなければいけないんじゃないでしょうか。
重大事件が起こったように騒ぎ立てるマスコミって、学校のいじめのようなもんで、ちょっと度が過ぎて陰湿です。しつこくて、取材を理由にずけずけと乗り込んできますしね。大麻や暴力、痴漢関係で捕まったなら大きな記事になっても仕方ないと思うけど、酔っ払って裸で大声でわめいてたぐらい大目に見てあげなよと思うし、マスコミももっとしゃれっぽく受け取ってあげて、復帰し易いような対応をしてあげたらどうなのかなって思いますね。
花見のシーズンになれば、夜な夜な裸踊りしてる人ぐらいいるってもんだし、たまたま一人で深夜の公園で裸になってたぐらいのもんじゃないですか。人に見せびらかしたりしてたわけでなくね。
鳩山総務大臣もボロクソ言ってますが、そこまで言わなくても、「芸能人としてトップを走ってきたし、忙しい彼は大きなストレスがあって酒を飲んで羽目を外したんでしょう。これに懲りてあまり羽目を外しすぎないよう今後も頑張ってほしいですね。」とぐらい言う懐の広さって必要ではないですか?政治家のスキャンダルに比べりゃ些細なもんですよ。

草薙君の特別フアンでもスマップのファンでもないですが、早くテレビに復帰してスマップの一員として頑張ってほしいものです。
20090420153006
先日開催されていたフィギュアスケートの国別対抗戦ですが、何となく客寄せイベントな気がして、あまり意味がないような大会だったと思いませんか?
浅田真央を見せるだけの大会な気がしてなりません。いつもフィギュアスケートを観ててひとつひとつの技に歓喜するのですが、今回だけは何となく観てた感じです。大会を増やすことで収益アップを狙ったもののような気がしてなりません。

僕が一番気になってたのは、リンクの回りに掲示された看板でした。いろんな企業のサインがありましたが、何だか目立ったのは、「松屋」と「かぶちゃん農園」、そして「豆しば」でした。
選手の演技よりサインに目が行きましたよ。
かぶちゃん農園と言えば市田柿を思い出し、松屋を観れば牛丼が食べたくなりますが、豆しばだけは何か知らなかったのですが、それが余計に目を引いたわけです。
決してフィギュアスケートに合っていないデザインでしたが、かなり視聴者の目には付いたはずです。
広告には良いイベントだったんじゃないでしょうか。
2009.04.16 山越え
katuragi

桜も散った頃には気温もグングン日ごとに高くなってきて、山間の木々の新芽も出てきて活気付いてきます。
こういう日は車で走ってると山々の緑が新鮮で、峠越えもまたドライブ気分で良いもんですよ。

昨日は、仕事のついでがあり山越えしてきました。

前方に見えるは「葛城山」です。標高959.2m。奈良と大阪南部の境目にある山で、ハイキングや遠足などに人気のある山です。正式には「大和葛城山」と言うらしく、大阪と和歌山の境にも「和泉葛城山」と言うものがあるのです。この山の南側にあるのが「金剛山」で標高は1125mです。耐寒登山で何度か登った経験があります。

仕事柄大阪へ出るルートはいくつかあるのですが、山越えルートではこの奈良県御所市から千早赤阪村へ抜けるルートが1番好きなのです。

花粉症の方にはとてつもなく辛いルートかもしれません。
akakage2

僕ぐらいの年代の人には、「仮面の忍者赤影」は懐かしい番組です。
赤影の他、凧に乗ってる白影と、子供忍者の青影の3人で敵と戦うわけです。
敵と言っても、仮面ライダーに出てくるような怪物や化け物が相手なので、時代劇の忍者物とは全く違います。

で、主役の赤影さん(ちなみに、番組の中では、青影は赤影を赤影殿と呼び、青影は赤影さんと呼ぶ年齢に応じた呼び方をしてるところが良いところです。)は、いつも赤いアイマスクをしているので、上の写真のイメージだけしかなかったのですが、先日テレビで特番でやってた放映でマスクなしの素顔が出てました。

それがこの写真です。

akakage1

男前ですねー。

子供の頃にもこの放映は観たはずですが、記憶に無くて、改めてこないだ観てみて美男子さに気付いた次第です。

多くの子供が、赤影さんのアイマスク姿にかっこ良さを感じ、出てくる怪物を退治する、勧善懲悪の時代劇風ドラマに見入ったものです。
この年になっても、深夜再放送を観たくなるのですから、子供の頃の番組って一生忘れられないものなんでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。