上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.26 お葬式の費用
若い時はお葬式は他人事ですが、さすがに40歳を超えてくると自身の親がいつ何時葬儀を依頼しなくてはいけなくなるか考える時があります。

自分の親の葬儀でない限り、葬式にはまったく無頓着でいられるのですが、いざ自分の親が・・となった時は、一体どうしたら良いのか迷ってしまいますよね。

僕も昨年実父の葬式があり、それまでは全く葬儀の段取りや費用のことは簡単に考えていました。
ところが、この葬儀のオーダーの仕方によってかなり費用が違ってくることを知ったのです。

というのは、基本的に会館を保有する葬儀社の価格と、葬儀のソフト面だけをサポートする葬儀社との価格は倍ほど違うことを知ったわけです。ソフト面だけをサポートする葬儀社といっても、通夜・葬儀を執り行う式場は提携する式場や寺院がありますから、なんら不足はありませんし、葬儀や出棺、火葬、厄落としが終わるまできちんとフオローしてくれるので心配いりません。

僕が取った見積もりでは、参列者80人程度の家族葬で大手は250万円(お坊さんの費用は別)ぐらいでしたが、ソフト面の葬儀者は120万円でした。それに後者は戒名やお坊さんの費用まで入ってですからね。
安いから会場が貧相だとか狭苦しいということはなく、同等の仕様でできました。それと大手葬儀社のように同時に2つの葬儀をするということもないので、落ち着いてできます。

急に葬儀の段取りが必要になった時に、「ぼったくられる」んじゃないかと思った方も多いと思います。確かに、急きょ頼むと費用はかさみます。何社かから見積もりを取ってる暇がないのでつい高くても依頼してしまうことになりますからね。

不謹慎かもしれませんが、もし死期が近いと解った時は事前に葬儀社に相談し、いつでも対応してもらえるよう準備しておくことも大事です。
スポンサーサイト
20090420153006
先日開催されていたフィギュアスケートの国別対抗戦ですが、何となく客寄せイベントな気がして、あまり意味がないような大会だったと思いませんか?
浅田真央を見せるだけの大会な気がしてなりません。いつもフィギュアスケートを観ててひとつひとつの技に歓喜するのですが、今回だけは何となく観てた感じです。大会を増やすことで収益アップを狙ったもののような気がしてなりません。

僕が一番気になってたのは、リンクの回りに掲示された看板でした。いろんな企業のサインがありましたが、何だか目立ったのは、「松屋」と「かぶちゃん農園」、そして「豆しば」でした。
選手の演技よりサインに目が行きましたよ。
かぶちゃん農園と言えば市田柿を思い出し、松屋を観れば牛丼が食べたくなりますが、豆しばだけは何か知らなかったのですが、それが余計に目を引いたわけです。
決してフィギュアスケートに合っていないデザインでしたが、かなり視聴者の目には付いたはずです。
広告には良いイベントだったんじゃないでしょうか。
takomesi

22日の日曜日は仕事があったので姫路まで出かけました。

朝10時のアポで、1時間ほど打合せの後、大阪へ向かって帰阪の途中、眠くなってきたので目覚ましに、第二神明の明石サービスエリアで休憩することにしました。
ちょうどお昼前でお腹も空いてきたので、うどんとおにぎり(実はサービスエリアのうどんとおにぎりをランチにするのが好きで久し振りにこの組み合わせでと思っていたのですが・・・)でもと思っていたのですが、完全なレストラン形式のお店だったので中止し、販売していた明石のたこめし弁当に目がくらみ、購入して車中で食べることにしました。

たこめしは冷えてましたので、たこの風味が消えてしまってました。きっと熱々なら美味しいだろうなと思いながら、取り合わせとしてたこめしに合っていない唐揚げ(冷えて固くなってました)と、コロッケを一瞬で食べ尽くしました。
やはりお弁当をサービスエリアで販売するなら、暖かい物を出した方が親切です。買って直ぐ食べるドライバーが多いでしょうから。 レンジでチンにするにしても唐揚げとコロッケは油でギトギトになりますから、取り合わせは考えものですね。

第二神明の明石サービスエリアは利用客は多いと思うのですが、もっと食べるもののサービスをレベルアップできないものなのでしょうか・・・。
kage
今年も仕事と仕事以外のことを楽しみたいと思います。 


昨日5日から仕事スタートです。
暖かい日だったので、大阪の街中を歩き年始挨拶周りしてました。
難波では昼頃から一杯飲んで赤い顔したビジネスマンやオヤジが多かったですよ。

帰りに道頓堀場外馬券売場で京都金杯を買いました。混んでましたよ馬券売場。
毎年仕事始めの頃は金杯を買う癖が付いています。平日に開催してることが多いので、終半レースぐらいしか買えませんけどね。
今回は、2番と5番を2頭軸にマルチで8点流し48通り100円づつ4800円購入。
前日の中山金杯では、アドマイヤフジ(富士)とヤマニンキン(金)グリーの縁起物の名が付く馬名が1,2着でしたから、京都金杯もひょっとしてとは思いましたが、次出走したら買おうと思ってた2頭に決めて購入です。
結局、8番1着の2着が2番、3着5番で、8→2→5の3連単43,690円的中!(でも配当が思ったほど良くなくて多少ガッカリ・・)  良かったー。 金杯はほとんど当った例がないので。今年は運が良いのかな? なーんて思いながら、ちょっと気分良く帰途につきました。

batta

仕事のブログもそろそろ3年継続することになり、仕事以外のブログも書いてみようと思って始めます。
店舗開発の営業マンをしていますが、日々の出来事や、ニュース、グルメ、お気に入り、遊びや思考などさまざまな分野から、仕事とは関係ないブログを敢えて書こうと思います。意外に楽しいことや感動すること、面白いこと、美味しいこといろいろなネタが日々あるものです。
特にこのブログでは、写真をなるべく挿入していきたいと思ってます。

さて、1回目のブログネタは「殿様バッタ」です。

先日、息子とバッタ採りに行った時の1匹です。殿様バッタです。
最近は虫採りをする子供がほとんどいなくて、昆虫にとっては天国のような時代です。
近くの川原へ毎年1,2回バッタ採りに行くのですが、ちょっと草むらへ入り込めば、あちこちでバッタが飛び回りそれを追いかけてるのもまた楽しいものです。
殿様バッタに土バッタ、キチキチバッタにしょうりょうバッタといろんなバッタがいます。
ただ、最近の子供は虫を掴めないんです。バッタの入った虫かごさえも持てないぐらいです。

採ったバッタは5匹ほどでしたが、昔のように家まで持って帰ることはありません。キャッチ&リリースします。また、来年もバッタ採りできる草むらが残っていれば良いんですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。